グラフを効率的に作成する3

では今回は前回から引き続き”データの選択”について解説します

今回の対象は凡例項目横(項目)軸ラベルになります

11

上の画像の左側に赤印をした箇所を「凡例項目」、右側に赤印をした箇所を「横(項目)軸ラベル」として解説を行います

1.凡例項目を使いこなす

凡例項目を使いこなして、下のグラフに2017の数字を加えてみましょう

12

追加を押すと、どのデータを追加するのかを指定できるようになります

14
***【40代、50代歓迎】エクセルの学び直しを応援します!***

エクセルの進化を味方にして業務を効率化しましょう!

時間は30分/1,000円から!あなたの都合に合わせて相談になります!!平日の昼間も歓迎です! **********************************************************

追加を押した後は系列名系列値に分けて指定を行います

GIF5

これで2017の数字が追加されました

そして、順番を変えるには以下の▼▲(凡例項目の右端)を操作しましょう

GIF8

2.横(項目)軸ラベルを使いこなす

横(項目)軸ラベルほど使う機会がありませんが、知っておくと便利です

データの範囲を指定しなくても、表示項目のチェックの入れ替えだけで調整することができます

GIF7

上の画像では、「横(項目)軸ラベル」の部門Cのチェックを外すだけで、グラフから部門Cの表示が消えています

今回は以上です

また次回をお楽しみに!

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です