SORT関数~関数1つでデータを並べ替え~

前回は、新ダイナミック関数の中でも一番代表的なFILTER関数を紹介しました

今回は、並べ替えを行う新ダイナミック関数である、「SORT関数」を紹介します

このSORT関数で行う並べ替えは、関数でなくても他の機能で行えます

それでも、このSORT関数を活用する大きなメリットが2点あります

SORT関数を使うメリット

組み合わせ活用

前述のように、並べ替えならば他の機能で行えます

*********** ブログ管理人・ガッツの期間限定レッスン ***********

売りは技術でなく、経験です!

時間は30分から!あなたの都合のいい時間に、エクセルのお困りごとや悩みに対するヒントを提供します!!平日の昼間でも可です **************************************************************

SORT関数の醍醐味は他の関数との組み合わせです

・FILTER関数でデータ抽出 ➡ SORT関数で並べ替え

・SORT関数で並べ替え➡SUMIFS関数で並べ替えられたデータを集計

こちらの組み合わせ方法については、また別な記事で解説します

列の並べ替え

SORT関数は列方向でも並べ替えが行えます

今までのエクセルの並べ替え機能でも、列の並べ替えが行えます

今までの並べ替え機能との違いは、データ自体を並び変えるのではなく、他の箇所に出力されたデータを並び変える点です

SORT関数のメリットを2つ解説したところで、本格的な解説を始めます

通常の並び替え/基準1つ

今回使用するデータは次のデータです

まずは、上のデータの「年度」列を昇順で並び変えてみましょう

SORT関数の書き方

SORT関数の書き方は次の通りです

=SORT(①範囲 , ②基準, ③順序)

①範囲➡並び替え範囲(テーブルを範囲として使用可能)

②基準➡並び替えを行う列位置を1から始まる数字で指定

③順序➡1:昇順、-1:降順

並び替えの実際

並び替え範囲を「Data」というテーブル名にてテーブル化した上で、実際にSORT関数の並び替えを行います

左から1列目を基準に昇順で並び替え

この場合、SORT関数は次の通りに指定します

=SORT(Data,1,1)

すると、次のGIF画像の通りに並び替えが行われます

通常の並び替え/基準2つ

並び替えの基準が2つの場合には、前述のSORT関数の書き方が違ってきます

=SORT(①範囲 , ②基準, ③順序)

基準が2つの場合には、②基準及び③順序ともに書き方の工夫が必要です

波括弧を使用して、2つの基準と順を書けるようにします

・例1:②{1,1}、③{-1,1}

・例2:②{1,4}、③{1,-1}

ここで注意点ですが、2つの基準ともに昇順(降順)の場合でも、③は波括弧/{}で指定します



並び替えの実際

データは前のデータをそのまま使用します

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-44.png

今回は、②の基準を「年度」と「売上金額」の2つにします

そして、年度は昇順にて並び替え、売上金額は降順で並び替えます

この場合の②と③の書き方は次の通りです

・②基準➡{1,4}

・③順序➡{1,-1}

では、実際に並び替えを行います

列の並び替え

列の並び替えを行う場合には、4つめの引数を指定します

=SORT(C2:P5,4,-1,TRUE)

4つ目の引数に「TRUE」を指定するとの並び替えとなります

今回使用するデータは次のデータです

こちらのデータにて、「売上金額」の行を降順で並び替えます

上のGIF画像における数式は次の通りです

=SORT(C2:P5,4,-1,TRUE)

まとめ

今回は、並び替えを行うSORT関数について解説しました

改めて書き方を解説すると、次の通りになります

=SORT(①範囲 , ②基準, ③順序)

特に問題となるのは、並び替え基準が2つになるケースです

この場合には、②と③の両方を波括弧/{を使用して指定します

 記事の冒頭でも前述したように、SORT関数の醍醐味は他の関数と組み合わせ易い点です

この組み合わせについては、後日紹介したいと思います

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ


にほんブログ村





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です