Power BIでWaterFallグラフを作成する~増減が線でわかる~

このページの読者の中には、どうやって値の増減をビジュアル化するか?について頭を悩ましたことがある方も多いと思います

下の画像を見てみてください。こちらは通常の縦棒グラフです

****** ガッツ鶴岡のUdemy講座リニューアル&Sale! ******

「Power Queryのメニューにはない裏技ができる! M関数を学んで使えるようになる講座」

半額クーポン

****************************

9月末残高が増減を伴った結果、一体どうなったのかがよくわかりません

今度は、この記事で紹介するWaterFallグラフです

値の増減と左の棒グラフがどうなったのかが点ではなく、線で理解ができます

増減が表示されるだけでなく「合計」という元データにない項目も自動で表示されるのも特徴です

このWaterFallグラフの作成は、あまり難しくはないですが、1点だけ問題があります

それは項目の並び替えの問題です

この問題は後で後述したいと思います

元データ

今回はこちらの増減を含むデータが元データになります

ビジュアルの選択

WaterFallグラフのマークをクリックします

データの配置

WaterFallグラフでは「カテゴリ」と「Y軸」を指定します

ここまでは、普通のグラフと同じですが、なかなか並び順が思うようにならなかったりします

並び順を調整する方法をこれから解説します

並び順の調整方法

並び順の調整はPower Queryエディターで行います

エディター画面でインデックス列を追加します

ここからデータ管理画面に移ります

この画面で「項目」列をインデックス列をもとにして並び替えを行えるようにします

ちなみにこの画面通りにレポート画面で並ぶとは限りません

並び替えは「列で並び替え」で行います

この時、項目列を指定したままにしておいてください

これでレポート画面でインデックス列通りに並び替えが行われます

<まとめ>

グラフはシンプルなものが一番です

このWaterFallグラフでシンプルにできるシーンも多いとおもいますので、ぜひ有効活用してください

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

にほんブログ村

にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です