エディタを開かずにソース変更処理~上級13回

****** ガッツ鶴岡のUdemy講座 ******

「とても簡単!明日から即使えるPower Query・表変換レシピ集」

詳細

*たとえセル結合があっても、たとえ2行1組のデータであっても、規則性の高い表に変換するためのレシピを用意しています!!

****************************

パワークエリは便利ですが、エディタを開かないとクエリの内容を変更できないのが不便です

パワークエリには「パラメーター」という機能があります

「パラメーター」を活用できるようになると、エディタを開かないままで様々な変更が可能になります

 この回では、パラメーターの概念を活用して「エディタを開かないまま様々な変更を可能にする」簡単な事例について解説します

では今回解説する内容の概要を解説します

今、次の画像の黄色く印を付けたファイルからデータを取得しているとします

データを取得するファイルを変更しようとしたら、2種類の方法があります

 エディタのデータソース変更、もしくは、次の画像の箇所(適用したステップは”ソース”の箇所)を変更することです

この回では、上の画像にある変更処理をエディタを開かないまま「パラメーター」の仕組みを使って変更します

目次

1.パラメーターの設定

2.パラメーターの反映

<まとめ>

1.パラメーターの設定

ホームタブから「パラメーターの管理」⇒「新しいパラメーター」をクリックします

すると、次の画面が開きます

こちらの画面では、次の3つを指定します

・パラメーターの名前

・種類➡データ形式を選択します

・現在の値➡データソースとなるファイル名を指定します

上の3つの指定が終了したら、読込処理を行います

2.パラメーターの反映

では、冒頭で紹介したデータソースを変更する画面にパラメーターを反映します

上の画像の「黄色の箇所」を1.で作成したパラメーター名で置き換えます

次に、1.で作成した「fName」を再度開き、パラメーターの値を変えます

この時、必ず読込処理を行ってください

では、元のクエリを更新します

パラメーターの変更がクエリにも反映されています

<まとめ>

これだけでは、あまり便利さを感じないと思いますが、「パラメーター」の概念は少し伝わったかとは思います

今回は「パラメーター」の初歩的な事例について解説しました

 次回からは、エクセルシート上での変更を直接、クエリに反映する事例について解説します

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です