M言語に慣れる_7回目~空のクエリからテーブル作成~

【M言語はむずかしくない!】今回は、空のクエリから、3種類の括弧を使ってテーブルを作成します。テーブルを作成した後は、M関数も作成を行います!その際、M関数を使いやすくする方法についてもあわせて解説します!!

前回は2種類の括弧を使い、エディタ内で各種参照を行いました

角括弧 / [] ➡ リスト、列の抽出

波括弧 / {} ➡ レコードの抽出

前回で、M言語における2種類の括弧の役割がおぼろげながら見えてきたと思います

 今回、3種類の括弧を使ってテーブルを作成した後は、過去に紹介した方法とは別の方法でM関数を参照する方法についても解説します!

3種類の括弧に慣れると、M言語がグンと理解し易くなりますし、応用も効きます!

ぜひ、実際に手を動かして取り組んでみてください

まずは、空のクエリを作成するところから行います

なお、

他のクエリも後程参照したいので、演習を行う際には、既存クエリが存在するファイルを使用してください

目次

準備作業/空のクエリを作成

リスト作成

レコード作成

テーブル作成

M関数の用法を参照・作成/列名変更

<まとめ>

準備作業/空のクエリを作成

まずは空のクエリから作成します

「データタブ」➡「データの取得」の順でクリックします

その後、下の画像にて黄色に印をつけた箇所を上から順にクリックします

そして、下の画像にある「空のクエリ」をクリックします

するとエディタが開き、空のクエリが立ち上がります

リスト作成

リストは波括弧 / {}を使用して作成します

①値が1個

では、数式バーに={“a”}と入力してみます

リストができ、値がリストに1つ入りました

②値が2個

では、={1,2}と入力してみます

リストができ、値がリストに2つ入りました

③値が10個

こちらは、実際に使う機会がないとは思いますが、エディタ内でデータの構造化が行われていることを肌で感じてもらうために紹介します

={1..10}と入力すると、1から10まで自動的に値が作成されます

④リストが2個:各値1個

波括弧の中にコンマ / ,を介して2つ波括弧を入れると、リストが2個できます

入力はこちらのように入力します

= {{“a”},{“b”}}

上の画像の上下どちらかの”List”をクリックすると、適用したステップ画面に「ナビゲーション」が追加されます

上のGIF画像を見ると、ファイルやフォルダからデータを取得する時に出てくる「ナビゲーター」画面の意味合いが良く分かると思います

⑤リストが2個:各値2個

入力はこちらのように入力します

= {{“a”,”b”},{1,2}}

上の画像の、下のリストをクリックすると、下の画像のようにリスト内容が表示されます

レコード作成

角括弧 / []を使用して作成します

①値1

こちらは=[見出し1=値1]と入力します

①値2

こちらは=[見出し1=値1, 見出し2=値2 ]と入力します

レコードは行方向で通常並んでいますが、今回のように数式バーに直接入力した時は、表示のされ方が列方向になります

以降は有料ページ/課金サービスへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です