Power Queryって何??~読込んだデータに行番号追加~

****** ガッツ鶴岡のUdemy講座 ******

「とても簡単!明日から即使えるPower Query・表変換レシピ集」

詳細

*たとえセル結合があっても、たとえ2行1組のデータであっても、規則性の高い表に変換するためのレシピを用意しています!!

****************************

こんにちは、Excellent仕事術のガッツ鶴岡(@atsushi1039)です

Power Queryには、意外な便利機能が盛りだくさんあります

 今回、紹介する内容はあまり時短にはつながりませんが、Power Queryの奥深さを知って頂く意味でも、ぜひ紹介したいと思います

 Power Queryというと、どうしてもPower Queryエディタ(以降エディタ)での操作に注目が集まりますます

 今回の内容は、エディタからエクセルシートに読込んだ後の内容になりますが、かなり意外な内容です

下の画像のような、クエリから読込んだデータテーブルがあったとします

こちらに行番号を、エディタを使わずに挿入します

必要な処理はクリックだけです

 データテーブルにカーソルを置いて、データタブのプロパティをクリックします

次に開いた画面で、下の画像の「行番号を含む」をクリックします

次にデータテーブル上で右クリックします

すると、「更新」がクリックできるようになります

 「更新」をクリックすると、上のGIF画像のように0から始まる「行番号」が挿入されます

エディタで行番号を挿入するメニューについては、以前も解説しました

エディタでは「1」から始まる番号も指定できました

今回紹介した内容はあくまで「0」から始まる番号なので、その点は残念です

今回は以上です

Power Queryの便利さや奥深さを、今回の記事で感じて頂けたら幸いです

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です