POWER AUTOMATE DESKTOP でAPIを操作してデータを取得するの巻

 APIは「アプリケーション・プログラミング・インターフェイス」の略語で、Webスクレイピングとは違い、あらかじめネット上に公開してあるデータを収集します

今回の記事では、Power Automate Desktopを使用してAPIを操作する方法を解説します

 尚、APIそのものについてはこの記事では詳細には解説しませんので、もっと詳細を知りたい方は他のサイト等を参考にされてください

データの時間

ビジネス+IT

実際に記事の内容を動かしてみて、APIというものを実感して頂けたら幸いです

一番簡単なパターン/登録不要

通常、APIを利用する際にはAPIを利用するサイトで登録を行い、ID等を事前に取得する必要があります

****** Sponsered Link ******

これだけ知っていれば大丈夫!プログラミング入門以前の基礎知識 3,755人の受講生、点数4.2

****************************

今回は、登録が必要なしで使えるAPIで操作を行います

その代わり、取得するデータも1行だけになります

 Power Automate Desktopでは、JSON形式にてデータを取得し、さらにデータを成型してメッセージで表示します

実際のフローで使用するのは3つのアクションだけになります

使用するAPIは「zipcloud」の郵便番号検索APIになります

ポイント

データの取得

郵便番号検索APIのサイトで示してあるリクエストパラメーターの型式に従って、リクエスト文を指定の箇所に送り、データを取得します

データの変換

取得したデータはJSON形式になっており、人間の目では読みにくい内容になっています

こちらを郵便番号検索APIのサイトで示してあるレスポンスフィールドの階層に従い、人間の読める内容に変換します

リクエストURL及び指定項目

データの取得に使用するURLは以下のURLになります

https://zipcloud.ibsnet.co.jp/api/search

指定項目の中で必須は郵便番号/7桁のみです

試しに上の画像の(例)をそのままブラウザに入力してみます

https://zipcloud.ibsnet.co.jp/api/search?zipcode=7830060

*「search」と「zipcode」の間に「?」が入力されている点にご注目ください(検索対象の郵便番号を変える場合には最後の7桁を変更します)

すると、次のように表示されます

今回は上記の画像の「address1/高知県」と「address2/南国市」をメッセージで表示します

実際のフロー

APIを操作するフローは3つのアクションで構成されます

アクション1:Webサービスを呼出します

zipcloudのサイトに掲示されているリクエストURL(https://zipcloud.ibsnet.co.jp/api/search?zipcode=7830060)をそのまま使いデータを取得します

使用するアクションは「Webサービスを呼出します」になります

パラメーター:URLの箇所に上記のリクエストURLを入力します

このアクションを動かすと、サイトからJSON形式でデータを取得し、以下の変数にデータを格納します

 下の画像は変数:WebServiceResponseに実際にJSON形式のデータが格納されたところです

アクション2:JSONをカスタムオブジェクトに変換

難しそうなアクション名のアクションですが、要は人間の目では読みにくいJSON形式のデータを読みやすく変換します

上記の画像のようにパラメーター:JSONにはデータが格納されている変数:WebServiceResponseを指定します

このアクションで変換されたデータは変数:JsonAsCustomObjectに格納されます

ここでAPIの取得データ・詳細を確認します

以下の画像はzipcloudの「レスポンス」の画面です

データの階層が2段階に分かれていて、1階層目が「status」「message」「results」の3つなのが分かります

そして2階層目が「results」の下の階層の実際のデータ項目/address1等になっています

ですので、このアクションで変換したデータも同じ構造になっています

上記の画像 はこのアクションで変換した内容を格納した変数:JsonAsCustomObjectの内容です

resutlsの項目の詳細表示をクリックすると次の内容になります

今回取得するのは1行だけですので、1行だけになっています

更に詳細表示をクリックします

次のアクションで上記画像の「address1」と「address2」をメッセージで表示します

アクション3:メッセージを表示

前アクションにて、データをJSON形式から人間の目で見える形に変えて格納した変数:JsonAsCustomObjectから、項目別に抜き出してメッセージを表示します

上記の内容の振り返りになりますが、取得したデータは2階層になっています(一部省略)

・results >>(address1,address2・・・)

上記の階層に対応した形で取得データを「address1」と「address2」に分けて抜き出します

・address1 ➡ %JsonAsCustomObject.results[0].address1%

・address2 ➡ %JsonAsCustomObject.results[0].address2%

実際に上記の2つの内容をアクションに反映したのが次の画像です

以上です➡次回に続く

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

にほんブログ村

にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です