アニメーションマクロ2

 前回は、アニメーションマクロの事例として、オブジェクト(四角形などの図形)が登場するマクロを紹介しました

 今回は、オブジェクトが移動するマクロをさわりだけですが紹介します

マクロを起動させると、テキストボックスが右側から移動してきます

この仕組みのポイントだけ解説しますね!

ActiveSheet.Shapes(“Txt1”).Left

コードにするとこういう形になります

ちなみにTxt1というのは、テキストボックスにつけた名称です

****** Sponsered Link ******

これだけ知っていれば大丈夫!プログラミング入門以前の基礎知識 3,755人の受講生、点数4.2

****************************

名称は昨日紹介した、検索と選択で指定できます

オブジェクトに名称をつけたら、下のコードの()の中に入れ、=で結んだ右側に位置を書きます

ActiveSheet.Shapes(“Txt1”).Left=100

この位置を指定するコードを繰り返し処理の中に入れると前述のテキストボックスが移動するマクロになります

次回は、アニメーションマクロを完成したいと思います!

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です