VLOOKUP関数を場合分けして使う

VLOOKUP関数を場合分けして使えたら、便利だと思ったことはありませんか?

4

例えば、レディースとメンズで価格が違う場合などは、都度、参照範囲を使い分けできたらとても便利です

2

アイコン

演習用 11.05 KB 4 downloads

...
アイコン

サンプル 11.05 KB 5 downloads

...

 

INDIRECT関数を使えば、”場合分け”を実現できます

条件は、以下のように、予め2つの範囲に名前をつけておくことです

3

では実際にVLOOKUP関数の場合分けをしましょう

***【40代、50代歓迎】エクセルの学び直しを応援します!***

エクセルの進化を味方にして業務を効率化しましょう!

時間は30分/1,000円から!あなたの都合に合わせて相談になります!!平日の昼間も歓迎です! **********************************************************

1.各範囲に名前を付ける

該当する範囲を選択して、名前ボックスに”名前”入力しましょう

5

2.VLOOKUP関数の中にINDIRECT関数を組み入れる

セルG3(メンズかレディースが選択される)を参照することで、一致する名前の範囲を紐づけるようにします

6

以下のようになりましたでしょうか?

GIF1

INDIRECT関数は関数の中でも分かりずらい部類に入ると思いますが、慣れればとても便利です。まずは使う機会を増やしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です