意外なエク条件条件付き書式をグラフのように活用する

先日、村田諒太チャンプの防衛戦を見ました。

プレッシャーのかかる初防衛戦を見事なKOで飾りました

前途洋々な村田チャンプですが、去年の世界初挑戦した時の判定はひどいものでした

採点表を見て、いかにおかしい採点だったかを分析しようとしたところ、改めてボクシングの採点が分かりにくいということを感じました

ボクシングの採点は10-9、8-10といった形で数字を振り分けるのですが、この振分けの羅列を見てもなかなかピンと来るものがないので、条件付き書式を使い、以下のような形にしました

10

条件付き書式のデータバーを活用し、グラフの様な形でラウンド毎の数字の振分けを、1、-1,2、-2という形でデータ化した上で視覚的に分かるようにしています

****ブログ著者のガッツセミナー****

グラフxアニメーションで、数字を語れるスライドを作成するレッスン

開催日時のリクエストは柔軟に受け付けます!

***************

8

ポイントは値がマイナスの時です

9

マイナスの時に色を変えておかないと、+との違いが視覚化できません

上記の仕組みはスパークラインの勝敗と同様のものですが、スパークラインよりカスタマイズが効きます

では、ぜひ、データを視覚化するプロセスを楽しんでください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です