Sがつく関数は素晴らしい~MAXIFSとMINIFS~

これまで、IFS関数COUNTIFS関数AVERAGEIFS関数を紹介してきました

いずれの関数も複数条件を設定できるので便利です

今回紹介するのはMAXIFS関数とMINIFS関数です

日常的には使いみちはあまりないとは思いますが、エクセル分析をしたい方には便利だと思いますね

簡単に数字のツボがつかめます

****ブログ著者のガッツセミナー****

パワーポイントの標準機能を使い倒して伝わるグラフを作成するレッスン

開催日時のリクエストは柔軟に受け付けます!

***************

私はこれまでピボットテーブルで、この条件つきの最大値と最小値は把握していました

ピボットテーブルまで作成しなくても、このMAXIFS関数とMINIFS関数では、関数1つで最大値と最小値を把握できるのでとても便利です

!MAXIFS関数とMINIFS関数の書き方

これまで紹介してきた、IFS関数やCOUNTIFS関数と書き方は同じです

  =MAXIFS/MINIFS(対象範囲,条件範囲,条件)

Sつき関数は共通の書き方なので、慣れれば慣れるほど使いやすくなりますね

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ


にほんブログ村

***Sponsered Link****

*******************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です