エクセルで作るタイマー

以前、スピードメーターグラフで円を傾ける技術を使いました

1_4.gif

系列のオプションでグラフの基線位置を変えると円グラフが傾きます

この仕組みを活用して、1分タイマー作成します

時計

以下、2段階で作成の仕方を解説します

1.まずはオブジェクトを作成します

円、棒(秒針)などをグループ化してオブジェクトを作成します

19

後で、VBAで扱えるように名前を付けましょう

20

*この選択の画面の出し方が分からない人は以下の動画を参照してください。

それぞれのオブジェクトに名前がついているので、変更もできるようになっています

2.ループ処理のマクロを書く

待ち処理と組み合わせながら、ループ処理をかきます

①待ち処理ー今の時間から1秒待ちます

Application.Wait Now + TimeValue(“00:00:01”)

②ループ処理のカウントをそのまま秒針の角度にします

1で指定した時計オブジェクトの角度を変えていきます

Worksheets(“時計”).Shapes(“時計”).Rotation = i

③最後は時計オブジェクトを0に戻して終了です

Worksheets(“時計”).Shapes(“時計”).Rotation = 0

ぜひ、以下のサンプルファイルもダウンロードして直接参照してみてください

実は正確には1分で終了しません。うまく調整する方法もあると思いますが、今回は割愛してます

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です