エクセルで作るタイマー

エクセルでも、簡単な技術を組み合わせただけでここまで出来るといる!!

これを「エクセルで作るタイマー」で証明したいと思います

以前に書いた記事、スピードメーターグラフで円を傾ける技術について解説したことがあります

1_4.gif

上のGIFの通り、「系列のオプション」画面で「グラフの基線位置」を変えると円グラフが傾きます

この仕組みを活用して、1分タイマー作成します

時計

以下、「タイマーのオブジェクト作成」「ループ処理の作成」の2段階で作成方法を解説します

1.まずはタイマーオブジェクトを作成します

まず外円、棒(秒針)を作成します

秒針は円と棒を組み合わせて作成します

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 秒針.jpg

その後、作成した円と秒針をグループ化してオブジェクトを作成します

グループ化して置かないと、秒針と外円がうまく連動して動かなくなるので注意が必要です

19

オブジェクトを作成したら、オブジェクトに名前(時計)をつけておいて、後でVBAでコードを書きやすくしておきましょう!

以下がオブジェクト名を付ける画面です

20

上記の画面は「HOME」タブの右側「検索と選択」から開けます!

この「選択の画面」の詳細な使い方については、以下の動画を参照してください。

2.ループ処理のマクロを書く

待ち処理を組み合わせて、秒針を動かすためのループ処理をコードで書きます

①待ち処理⇒常に「今」から1秒待ち処理

以下が、待ち処理のコードです

Application.Wait Now + TimeValue(“00:00:01”)

②ループ処理のカウント(変数→i)をそのまま秒針の角度にします

1.で作成したタイマーオブジェクトの角度を変えていきます

Worksheets(“時計”).Shapes(“時計”).Rotation = i

③最後は時計オブジェクトを0に戻して終了です

Worksheets(“時計”).Shapes(“時計”).Rotation = 0

ぜひ、以下のサンプルファイルもダウンロードして直接参照してみてください

アイコン

タイマー 49.76 KB 55 downloads

...

このタイマー実は正確には1分で終了しません。うまく調整する方法もあると思いますが、今回は割愛しています

グラフを傾けながら作成するスピードメーターグラフの作成の仕方については、こちらで記事を書いています ⇒ スピードメーターグラフ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スピードメーター2.gif

また、エクセルのアドイン機能でもタイマーがあります!

カラフルでとても使いやすいです!

興味のある方はぜひタイマーアドインをダウンロードしてみてください

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Timer-Excel.gif

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です