ABC分析をエクセル力で改善する8

前回は双方向グラフ作成についての解説をしました

つまり、以下の3つのプロセスで作成を行えます

①第二軸を作成する

②両軸の範囲を揃える(-100%~100%)

③軸を反転する

今回はサンプルの”ABC分析・双方向グラフ”シートのようにピボットテーブルをデータ元にして実際に作成してみましょう

ちなみにピボットテーブルのデータ元は”Data”シートになります

21

1.ピボットテーブルを作成したらピボットグラフを作成しましょう!

ピボットテーブルをデータ元としてグラフを作成しましょう!

23

データの指定の仕方は普通のグラフを一緒です(詳細

ただ、グラフではなく”ピボットグラフ”をクリックしましょう!

20

棒グラフを指定したら、分析タブからフィールドボタンを押して見栄えを変え、普通のグラフのようにしましょう!

22

2.第二軸を指定する

商品数を表すグラフ上で右クリックして第二軸を指定しましょう!

これは前回通りです

18

3.両軸の範囲を揃える(-100%~100%)

上下、双方向に伸びるグラフを同じ基準で作成しましょう

それぞれ軸の上で右クリックし、軸の書式設定で最小値と最大値を指定しましょう

25 24]

 

4.第二軸を反転させしましょう

3と同じく軸の上で右クリックして「軸を反転する」にチェックを入れましょう

Gif11

5.軸を非表示にする

最後に軸を非表示にしてグラフの体裁を整えましょう!

26

今回は以上です

次回は最終回です。ダッシュボード化について解説します

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です