ABC分析をエクセル力で改善する1

https://analytic-vba.com/%e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%bb%e3%83%ab%e5%88%86%e6%9e%90/post-2018/世の中に山とある分析方法の中で、一番多く有効活用されているのはABC分析だと思います

但し、何事にもメリット・デメリットがあります

この講座ではABC分析のメリットを生かしつつ、デメリットを克服し、実践的な活用を目指します

そして、

”この”実践的な活用ができるように手法を改善していく過程を通じて本質的な”エクセル力”を習得することもあわせて狙っていきます

***【40代、50代歓迎】エクセルの学び直しを応援します!***

エクセルの進化を味方にして業務を効率化しましょう!

時間は30分/1,000円から!あなたの都合に合わせて相談になります!!平日の昼間も歓迎です! **********************************************************

ちなみにこの講座は”ストアカ”で実際に実施した講座のWeb版になります

1

受講者の方のフィードバックを基にしてエッセンスが凝縮された講座にしたいと思っています

今回は1点、先行してポイントを1点、解説したいと思います

ABC分析に限らず、他の分析でも同様に”如何に効率よくデータを区分するか”というのが大きなポイントになります

そして、必ず、”どの範囲で区切るか”という試行錯誤が起こります

その試行錯誤が簡単に行えるとと、ても分析作業の効率が飛躍的に向上します

下の例はデータの全体をある指標を基にして上位から区分し、各データにA、B、Cとラベルを付けているところです

詳細は後の回で後述しますが、従来のABC分析の手法だとラベルをつけるのに複数のステップが必要で、データが1つ追加されただけでも最初からやり直しになります(下の例では販売個数10,000のデータが2つ追加されていますが、自動的にランクAのラベルが付いています)

Gif1

この講座では、この試行錯誤を簡単な3つの仕組みを組み合わせるだけで簡単に行えるようにします

そして、最終的には下のようなエクセルダッシュボードを作成します

GIF2

従来のパレード図より、ABCランクの違いが明確に分かるようになり、実践的な情報を提供できるようになります!

それではまた次回

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です