タグ別アーカイブ: グラフ

グラフの選択について

グラフはダッシュボードの中でも重要なコンテンツのひとつです

グラフと言っても種類は無数にあります!

 グラフについては何を選択するかについては、ケースバイケースとしか言いようがない面もありますが、そうはいってもある程度の目安はあります

グラフを選択する際には、まずは「何を示したいか?」を考えて見ましょう

そうすれば、何を選ぶかについてはある程度絞り込まれてきます

上の図のように、示したいものは大きく分けて4つに区分されます

・関係性

・分布

・構成

・比較

示したいものが、この4つの内の何になるかが明確であれば、選択すべきグラフ種類を絞り込むことは可能です

関係性

散布図

2つの軸を基にして関係性を点で表します

バブルチャート

2つの軸に加えて、円の大きさでもう一つの軸を表示します

分布

棒グラフ-ヒストグラム

全体的な分布を表示します

散布図

2軸で分布を表示します

構成ー動的

積上げ棒グラフ

棒グラフ内に内訳を表示します

積上げ面グラフ

棒グラフと折れ線グラフを組み合わせた形のグラフです

構成ー静的

円グラフ

構成を示すのに一番オーソドックスなグラフです

ウォーターフォールグラフ

増減の内訳を表示するグラフです

比較ー複数アイテム

レーダーチャート

比較する項目が多い時に便利なグラフです

棒グラフ

比較ー時系列

折れ線グラフ

複数の線の推移を比較できるようにします

積上げ面グラフ

棒グラフと折れ線グラフとの中間のグラフです

<まとめ>

今回はダッシュボード内で使用するグラフの選択方法について解説しました

グラフを選択する際には、何より大事なのは「何を示すか?」を明確にすることです

 今回は「何を示すか?」について4つの区分を紹介しましたが、何を示すかが明確になれば選択すべきグラフ種類も明確になるはずです!

 尚、今回は4つの区分に紐づく形で選択すべきグラフ種類を紹介しましたが、あくまで目安であることを最後に付け加えさせて頂きます

弾丸チャート作成マクロ

【今回は、プレゼンの場などで注目されること間違いなしの「弾丸チャート」を自動作成するマクロを紹介します】

読者の皆さんは、会議でこんなグラフを見かけたことはありませんでしょうか?

こんなグラフを出されると、どこから見始めていいかすら悩んでしまいます

本来、グラフは一目で必要な数字を分かるようなするためのものです

ですので、グラフは無駄な情報はなるべく省き、とことんシンプルにすべきです

「そうはいっても、表示すべき情報は5種類あるんですけど・・・」

という方には、ぜひこちらの「弾丸グラフ」をお勧めします

この弾丸チャートには、シンプルに魅せるための3つの工夫があります

①折れ線グラフは表示せず、グラフの形を統一する

②色種類を統一し、データの違いを濃淡で表現する

③テキスト表示を組み合わせる

この3つの工夫により、データ種類が5つあっても「一目で」伝わりやすくなります

今回は、この弾丸チャートを自動作成するマクロを提供します

ぜひ、プレゼンなどの場で有効活用してください!

使い方

データの入力

ファイルの中に「グラフデータ入力」というシートがあります

こちらのシートで数字データを入力します

上の画像で、赤い点を付けた箇所が「数字データ」を入力する範囲です

グラフの横軸に表示する内容(上の画像の東京等)は、A列の5行目から9行目までに入力してください

尚、横軸の内容の行数と数字データの行数に相違があると、グラフの表示などが狂うので注意してください

グラフの凡例の表記やデータラベル/テキストボックスの表記を変える場合には、下の画像の黄色のセルを変更してください

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-22.png

グラフ作成

実際のグラフ作成は「弾丸チャート作成」シートで行います

まずは、基調となる色を3つから選びます

 その後、「グラフ作成ボタン」を押すと「基調とする色」と「データの最大値」が反映されたグラフが作成されます

ここでいうデータの最大値とは、数字データの最大値です

こちらの最大値が軸の最大値になるような仕掛けになっています

次に、グラフの右にあるテキストボックスを各グラフの上に配置します

 もし、テキストボックスを配置するスペースが狭いとおもったら、グラフエリアを下のGIF画像のように上限に調整してください

 仮にテキストボックスの小数点の表示数を変えたい場合には「グラフデータ入力」シートの下の画像の箇所を変更してください

 例えば、小数点の第二位まで表示したい時には、TEXT関数の中の第二引数を「#,##0%」から「#,##0.00%」に変えます

<まとめ>

記事の冒頭でも解説しましたが、グラフはシンプルで見やすいのが一番です

今回紹介した弾丸チャートは、予実対比のようなデータ種類が多い場合には最適です

実は、記事の冒頭で紹介させて頂いた事以外にも、グラフの見た目をシンプルにするための工夫をしています

軸や目盛り線を表示せず、一目で数字が分かるように数字を横軸に表示したりしています!

残念なのは、今回のマクロだとデータラベルを手動で配置しなくてはならない点です

本来であれば、下のGIF画像のように自動で配置されます

データラベルも自動配置したい場合には、ぜひ過去の記事をご参照ください!

こちらの記事では、4つのグラフを複合して、弾丸チャートにする方法を解説しています

グラフが3つでなく4つなのがポイントです

4つ目のグラフは透明にしてあります

3つの系列の最大値(実績100、前年80、予算50の場合は実績)を透明なグラフにしてデータラベルだけ表示します

最大値を取ることで、データラベルが他のグラフに重ねないように表示できます

弾丸チャートは一見、難しそうですが、実は上記のような簡単な仕組みです

ぜひ記事を参照してチャレンジしてみてください

にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ

にほんブログ村

グラフデザイン

 このコーナーでは、シンプルに数字の持つ意味合いを表現できるように、伝わるグラフデザインの形にこだわりつつ、”遊び心”を持ったグラフ作成方法を紹介していきます!

1.グラフを魅せるエクササイズ

例えば、積み上げ棒グラフの合計値を示すにはどうしたらよいでしょうか?

このままだと軸を目で追うしかありません

では、それぞれの棒グラフの上に合計値を表示したらどうでしょう?

とても分かり易くなりましたよね!

このコーナーでは、日常的にはなかなか気づくことができない”グラフの見やすさを向上させる手法”を紹介しています。⇒グラフを魅せるエクササイズ

2.スピードメーターグラフ

数字の持つ臨場感を伝えるグラフです

作成する過程で工作のような楽しさも味わうことができます。

 ⇒スピードメーターグラフ

3.ワッフルチャート

グラフ機能を使わないグラフです。

 ⇒ワッフルチャート

4.弾丸チャート

複数の指標を比較する時にお勧めです

 ⇒弾丸チャート

5.進化型円グラフ

普通の円グラフにグラデーション加えて数字の持つインパクトを増幅します

 ⇒進化型円グラフ

現場発のDXを応援!

実務・現場でのデータ活用を、豊富な経験とモダンエクセルを始めとした実践的なエクセル力で全力応援!

現場の言葉でデータを語ります

 コロナ禍をきっかけとして、ビジネスの現場はオフィスからリモート中心に移行しています。リモート・ワークへの働き方の移行は、実務・現場での「データ」との向き合い方を大きく変えようとしています。リモート・ワークでは、人間の勘ペーパー業務に依存せず、データを重視した働き方が求められています。実務の現場でデータ活用する際に問題となるのは、現場には企業のIT部門やトップコンサルタントの目が届かない、もしくは、理解が困難な世界があることです。Excellent仕事術は、これまでの豊富な経験を活かして実務の現場を明確に見える化し、データ活用の下地を作ります!

何よりもデータを最重視します

 データは事実を雄弁に語ります。データを有効に活用すれば、ビジネスは必ず成長し、個々の生活も豊かになるはずです。但し、データの活用の仕方では事実が正しく見えなくなったり、時間を膨大に浪費してしまい、成果が全くでないこともあります。Excellent仕事術ではデータを最重視し、実務の現場を正しい方向へと導きます!

これまでの豊富な経験を活かします

 Excellent仕事術・ガッツ鶴岡はこれまで、創業型のベンチャーから時代の寵児となった企業まで幅広い環境で働いてきました。業界も「ビックデータ重視」のEC通販から、「人間の勘重視」の食品業界まで、とても幅広く関わらせて頂きました。いずれの環境・業界でも重視してきたのは「データ」「エクセル」です。これまでの経験を活かして、新たなデータ活用の世界を生み出していきます!

新たなエクセル活用術を広めます

 エクセルが誕生してから、20年の月日が経ちます。エクセルはもはや表を作成するだけのツールではありません。データベース/パワークエリを作成したり、ダッシュボードなども作成することができます。

 Excellent仕事術では、これまで海外のエクセル活用事例も数多く研究してきました。海外ではエクセルの機能を実践的に活用している事例が沢山あります。Excellent仕事術では海外の事例を参考にしながら、モダンエクセルなども活用した「初心者から上級者」まで幅広く活用できる「実践的なエクセル術」を研究しながら広めていきます

全力で汗を搔きます

 実務の現場で重要なのは「汗を搔いて体験すること」です。理屈だけでは現場は簡単には変わりません。まずは自らが変わり、率先して「汗を搔く」を重視して実務・現場の「データ活用」を応援していきます!

お仕事の依頼

エクセル新機能一覧

モダンエクセル

モダンエクセルのメインは、Power Queryという技術になります!

 多くのプログラミング言語学習において、まずは最初に「Hellow Word!」を表示するとこから体験します!

Arduinoなどのマイコン工作では「Lチカ」体験です

Power Queryでは、次のような「ETL」体験からスタートです!

Extract ➡ データの抽出

Transform ➡ データの変換

Load ➡ データの読込

まずは、1度「ETL」を体験してみませんか!

必ず、今までは感じなかった新たな発見があるはずです!

初級講座 :データの取得(抽出など)、読込など

中級講座:データの結合などの変換

上級講座:縦横並びの変換などの特殊な変換処理

コラム:PDFファイルをエクセルに変換するなどのテクニックの紹介

M言語

エクセルダッシュボード

 読者の方には、エクセルで数値資料を作成する機会が多い方もいらっしゃると思います。

 実は、数字は見た目です。そして、第一印象で決まります。特に、一目で「数字が細かく詰まっている」と分かる資料はまともに見てもらえません。そして、その資料作成には、膨大な労力がかかってしまっています。

 では、最小の労力で、最大の効果を発揮する資料を作成するにはどうしらいいのか?、その答えは、このダッシュボード術の中にあります。このダッシュボード術は、まるで車や飛行機のコクピットの中にいるような感覚で、一目で【数字を魅せる資料】を作成します。

 このダッシュボード術は、VBAの技術はあまり必要としません。関数の使用も、ごく簡単な関数の組み合わせのみです。一番必要となるのは日本ではあまり紹介されたこなかった、新たなエクセル機能の活用です

エクセルダッシュボード

オプションボタンを活用したダッシュボード

グラフデザイン

 人は見た目が9割と言いますが、グラフも同じです。このコーナーでは、伝わりやすいグラフデザインを手軽に作成できる手法を解説します。グラフデザインの種類は「スピードメーター」「温度計」「画像入り」など、実に様々なデザインを揃えています!

手っ取り早くテンプレートを使って、グラフを作成したいという方のために、テンプレートを集めたコーナーも設けています!

 ⇒グラフデザイン

新ピボットテーブル術~レポート力向上~

 ピボットテーブルはデータを抽出する為の機能として良く知られています。表は別に作成しておき、ピボットテーブルで抽出した数字を、別途作成しておいた表に転記するような使い方をよく目にします。

 実は、ピボットテーブルから直接、魅力的な表作成を行うこともできるんです。下の画像のような、魅力的な表も、ピボットテーブルから直接作成できます。このコーナーでは、テーブル機能とあわせて、ピボットテーブル本来の力を活かした技術を紹介していきます。

新ピボットテーブル

エクセル裏技

 エクセルには日本ではまだあまり知られていない機能が沢山あります。下のGIF画像をご覧ください。実はエクセルでタイマーも作れてしまうのです。しかも、ほんの数行のコードを書くだけで作成することができます。この位はまだ序の口です。このコーナーでは、隠れたエクセルの裏技をどんどん紹介していきます。そして、どんどん業務の省力化と、差別化を行っていきましょう!

 ⇒裏技

VBA

いよいよプログラミング教育が日本でも本格化しています

このExcellent仕事術では、これまでになかった手法でエクセルVBAを広めていきます

RPA 

 RPA(ロボティクス・プロセス・オートメーション)が急速にビジネスの現場に浸透してきています。

 人間が行っていたエクセル作業をRPAが代わりに行ってくれるから⇒これからはあんまりエクセルの技術習得にそんなに力を入れなくていいや・・・そんな風に考えている方もいらっしゃるかと思います。

 実はRPAの浸透により、逆にエクセルの存在感が増してきています。その理由は、“RPAはデジタルデータにより動く労働者”、という点にあります。デジタル労働者はデジタルデータがないと働きません。

 多くの業務の現場では、デジタルデータは、エクセルにより作成されています。つまり、RPAをエクセルとどう連携するかが、RPA活用の鍵になっていきます。

 このコーナーではこの”RPAとエクセルとの連携”をテーマに、各種連携手法を紹介していきます。⇒RPA


アプリ/アドイン

 エクセルでもスマホのように、アプリ/アドインをダウンロードすることができます

 ダウンロードできるアプリの内容は、グラフを自動作成するものから、長い数式を解読するものまで多岐に亘ります

ぜひ、下の記事を参照してご自身のニーズにあったものを見つけてみてください

アプリ

エクセル分析

エクセルには、ソルバーをはじめとする優れた分析機能があります

 ソルバーは、人間が手動で計算したら2、3日は要するようなシミュレーションを一瞬で終了してくれる優れものです

 このブログでは、エクセルの便利機能を組み合わせて、「ABC分析を効率的に実施する方法」などの最新のエクセル分析術を紹介していきます!

エクセル分析

エクセルと英語力

実は、英語力とエクセル力は相関関係にあります

エクセルを作成したのは、英語圏の企業です

エクセルを使う上で、英語の概念が必ず登場します

ですので、英語ができた方がエクセルの上達も早いです

 そもそもエクセルと英語、どちらもビジネスをしていく上ではとても重要なスキルです

 このブログでは、英語力の向上について貢献できるような記事をアップしていきます

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ

にほんブログ村

分析からダッシュボード作成を体験する講座

【実践的エクセル力向上】エクセル便利機能をうまく活用する力➡エクセル力をあげてワンランクアップ上の仕事ができるようになりましょう!

お申込み

  *ストリートアカデミーのページに遷移します

エクセルの進化は凄まじいものがあります

驚くほど便利な機能が備わっています

重要なのはそれらの便利機能を「知る」かどうかです

「便利機能を知り、うまく便利機能を組み合わせて実際の仕事を効率化する」、それがエクセル力です

 今回のレッスンでは目から鱗の便利機能に沢山触れて頂き、エクセル力を上げる勘所を掴んで頂きます

エクセル力事例

エクセル力の2つの例を紹介します

1つ目はABC分析のランク分けです

従来のABC分析の場合には、ランク分けは次の3つの手順で行っていました

①データを降順で並べ替え➡

②ランク分けの基準作成➡

③IF関数で基準毎にランク分け

 この方法の場合は「ランク分けの基準を変更したり」「データを追加」した場合には①~③をまた繰り返さねばなりません

 今回のレッスンでは「VLOOKUP関数の隠れた便利機能との組み合わせ」により、この面倒なランク分けを自動化します!

 上のGIF画像では、画像上の表にて、ランク別に上位の比率を変更すると、元データのランクが自動的に変更されていきます!

2つ目は双方向グラフです

 このグラフデザインだとABCのランク別に、販売個数と商品数の比較が行い易くなります

一見、難しそうですが、グラフの標準機能を組み合わせるだけで行えます

実は、グラフの軸は反転できるのです!

この「軸の反転」機能を中心に双方向グラフの作成を体験して頂きます

 最終的には、今紹介した2つの事例等を組み合わせて、下の画像の様なダッシュボードの作成を体験して頂きます(全てのコンテンツを一から作成するわけではないので、その点は予めご了承お願いします)

 ダッシュボードの作成では、「スライサー/選択」をはじめとするピボットテーブルの有効活用方法についても解説させて頂きます

レッスンの特徴

個別にマンツーマンでレッスンを行います

 事前に個別に課題や要望等をすり合わせさせて頂き、レッスンプログラムについては調整を行わせて頂きます

 尚、レッスンは体験という位置づけであり、ダッシュボードのコンテンツを全て一から作成・演習するわけではない旨を予めご了承お願いします

では、レッスンでお会いしましょう!

 このレッスンを通じて飛躍的にエクセル力を向上させる機会になるようにしましょう!

お申込み

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ

にほんブログ村

パワーポイントの標準機能を使い倒して伝わるグラフを作成するレッスン

【 本には書かれていないグラフ自体をシンプルに伝わるデザインに変える「7つのテクニック」を紹介します! 】

  納得性の高いプレゼンテーションを行うためには、客観的な「データ」を示すグラフをどう魅せ、データの解釈をどう伝えるかが重要なポイントになってきます

今回のレッスンでは、パワーポイントの標準機能を使い、伝わるグラフデザインを簡単に作成するツボを7つ紹介します

この7つを使えば、下の動画にあるようなグラフが作成できるようになります

https://youtu.be/ixrTVwrcs0s

レッスンはオンラインで行います

もし、日時が合わないようであれば開催リクエストをストリートアカデミーの講座ページから送付して下さるようお願いします

申し込みは各種グラフテンプレートを紹介しています

そちらもぜひご利用ください

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ

にほんブログ村

【グラフテンプレート】パワーポイントで動かすスピードメーターグラフ

 このブログではこれまで何度か、エクセルのスピードメーターグラフの作成の仕方を紹介してきました

 前からこのグラフのメーターの針を、パワーポイントのスライドショーの中で動かせたらインパクトのあるプレゼンが出来ると思っていました

 今回、パワーポイントでスピードメーターグラフの針を動かすテンプレートを作成しましたので、ご提供させて頂きます!

注意点

スピードメーターグラフには、様々な角度の種類があります

例えば、下の画像は針の範囲が180度動き、最初は270度の箇所から動きます

こちらは、針が240度動き、最初は240度から動きます

今回は、こちらのグラフのテンプレートになります

テンプレートの種類

ご提供させて頂くテンプレートは2種類になります

1つ目は計算用のエクセルファイル

2つ目はパワーポイント自体となります

何故、1つ目の計算用のエクセルファイルが必要になるかというと、理由が2つあります

上の画像はエクセルファイルで作成したスピードメーターグラフです

画面右に黄色く印をつけた箇所が2つあります

これはスピードメーターグラフは下地となるグラフと、針グラフの2つが重なっていることを示しています

2つのグラフともに、各種360度に変換する計算が発生するため、計算はエクセルで行います

例えば、最小値が0で最大値が100のグラフで入力値が50の場合があるとします

この場合、入力値を針の角度に直すと、計算式が(360-120)x50/100で120となります

ちなみに何故、360から120を引くかというと、下の画像のようにスピードメーターグラフの下地は見えるところと、見えないところに分かれているからです

テンプレートの使用手順

計算

計算用のエクセルファイルでまずは、3つの項目の設定が必要になります

・入力値➡針の値とする値(注:針の角度ではない)

・最小値➡下地グラフにて、時計回りで針が動く範囲の始点

・最大値➡ 下地グラフにて、時計回りで針が動く範囲の終点

上の3つを設定すると、自動的に2つの計算項目が算出されます

1つ目は下地グラフの各種値(こちらは後で、パワーポイントにコピーして頂きます)

2つ目は針の角度です

この2つの値は後程、使用方法を詳細に解説します

パワーポイント・グラフデータの編集

パワーポイントのテンプレートのグラフにて、右クリックし「データの編集」をクリックします

すると、下の図の画面が開きます

こちらは、前述の計算用のテンプレートで計算した下地グラフの各値をコピーして置き換えます

パワーポイント・針のアニメーション

下の図は、あくまでイメージですが、パワーポイントで動くメーターの針は三角形の図形を組み合わせ、片方は透明にしたものが動きます

アニメーションで動かす時には、「スピン」を使います

スピンする角度は360度ですが、下の画像の画面から修正することが可能です

対象のアニメーションの上で右クリックし、効果のオプションが表示されたら、こちらをクリックします

すると、ユーザー設定の箇所で角度を登録できるようになります

角度は、計算用のテンプレートからコピーしましょう

更に、グラフを分かり易くする為にテキストボックスを作成し、スライドインさせましょう!

<まとめ>

今回提供するテンプレートは、前述のように2種類あります

そちらは以下に添付します

こちらの2つのテンプレートは、前述の内容に従い、エクセルで各種計算➡パワーポイントに各種計算した値の設定、の手順で行ってください

それでは、ぜひ、スピードメーターグラフを活用した「臨場感」のあるプレゼンを楽しんでください

最後まで記事を読んで頂き誠にありがとうございました

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ

にほんブログ村

温度計グラフテンプレート

今回は、温度計グラフのテンプレートを紹介します

自分でも作成して見たいという方のために、概要だけ紹介します

まず、2つデータを用意します

1つはダミーの値(100%)になります

 2つのデータから棒グラフを作成するのですが、次の画像の箇所で2つ目のデータを追加する形になります

次に、2つの棒グラフデータは過去の記事で紹介した方法で、重ねます

(この時、値のグラフは第二軸に変更しておきます)

系列のオプションで「系列の重なり」を100%にします

その後、ダミーのグラフの色は白にします

軸は第一軸と第二軸を2つとも表示します

目盛は補助目盛を温度計っぽく調整します

今回は以上です

ぜひ、プレゼンなんかにも活用してみてください

 他にもグラフテンプレートはありますので、そちらもぜひのぞいてみてください!

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ

にほんブログ村

文字の中に棒グラフを入れる

今回は、文字の中に棒グラフを入れることで、説明する数字により強いアクセントをつける方法を紹介します

文字の中に棒グラフ

棒グラフを活用するだけなので、作成の仕方はとても簡単です

今回は、作成に当たってのポイントだけ解説します

1.棒グラフを作成する

元データには2つの数字が必要です

この2つの数字を元にして、積み上げ棒グラフを作成します

こちらのグラフはタイトルや軸など無駄なものは全て消去し、次の画像のようにしましょう

2.棒グラフをリンクされた図としてコピーする

ここが、最大のポイントです

グラフを後で、%の文字にあわせて回転できるようにコピーします

この時グラフ自体ではなく、グラフが入ったセルを「リンクされた図」としてコピーします

リンクされた図とは、次の画像のコピーの仕方のことになります

3.文字に合わせて、棒グラフを設定する

パーセントの文字は2つのテキストボックスに分けましょう!

上の画像で言えば50の部分については、グラフの元データを50%から「50」に変換したうえでテキストボックスに設定しましょう

ちなみに、テキストボックスに数字を入れる時は「数式バー」で設定します

テキストボックスの中に数式を入れても機能しません

最後に、2.でコピーした棒グラフの図を文字に合わせて設定すれば終了です

今回の解説は以上になります

エクセルでも使い方を工夫すれば、これまで思いつかなかったようなことができるものです

このブログでは他にも様々なデザインのグラフを紹介しています

もし興味がある、という方がいらっしゃいましたらこちらをぜひ覗いてみてください

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ

にほんブログ村