タグ別アーカイブ: INDEX

M言語に慣れる_10回目~グループ毎に連番作成~

【M言語は難しくない】今回はデータをグループ化した際に、1から始まる連番をグループ毎に作成する方法について解説します。この処理の仕方を覚えると、エクセルの使い方の幅が広がります

コードの採番や顧客の2回目のリピート状況把握など、使いみちは沢山あります!

しかも知られざるグループ化機能を使えば、1つのM関数を入力するだけでできてしまいます

まさに魔法です

ぜひ、実際に手を動かしてこの魔法を体験してください!

目次

今回のポイント

今回の使用データ

グループ化の実施

M関数の入力

<まとめ>

今回のポイント

今回のポイントは2つあります

グループ化

グループ化する際に、よく選択される操作は「合計」などです

今回は「すべての行」という操作を選択します

 この「すべての行」を選択して操作を行うと、グループ毎テーブルが作成されます

M関数作成

連番は「列の追加」タブの「インデックス列」のメニューから、クリック操作で簡単に作成できます

 今回は、既存のメニューは使用せず、カスタム列の作成画面から「Table.AddIndexColumn」というM関数を使用して「連番」を作成します

 M関数で作成することで、ポイントの1点目で作成されたグループ毎のテーブルを、関数の引数として指定できるようになります

今回の使用データ

今回は下の画像にあるデータの「部門」列をグループ化します

グループ化した後は、グループ毎に連番を振ります

以下が実際に使用するサンプルデータです

以降は有料ページ/課金サービスへ

M言語に慣れる_11回目_前行を参照して計算

【M言語は難しくない】今回は連番波括弧:{}を組み合わせて活用して、前行を参照する仕組みを作成します。前行を参照する仕組みを作成したら、下の図のように「前行との差額」を計算します。

この処理はエクセルシート上であれば、四則演算の式を挿入すれば簡単に行えます

=(列名/N行目)-(列名/N-1行目)

但しセル単位/1つの値単位の操作になるので、M言語を使用しなければPower Queryでは行えません

M言語を使用すればできるといっても、とても難しい処理なのでは?

いえ、決してそんなことはありません!

 エクセルシート上の行番号/レコードに相当する波括弧:{}を、連番/0,1,2・・・とうまく組み合わせて使いこなせば、簡単にできます

 実際に手を動かして前行を参照した計算が行えるようになった時には、M言語の活用に大き自信を持てるようになっているはずです!

目次

今回のポイント

今回使用するデータ

連番の追加

レコードの参照

カスタム列・作成画面で連番を操作

<まとめ>

今回のポイント

過去の記事で、丸括弧と波括弧を組み合わせてエディタ内のデータを参照する方法について解説しました

 括弧を使用して参照する方法は、下のGIF画像のように<前ステップ名 + 波括弧/レコード位置 + 角括弧/リスト>を組み合わせる方法でした

今回は、この「括弧の組み合わせて参照する仕組み」を、更に「連番 /0,1,2,3・・・」と組み合わせて活用します!

今回使用するデータ

今回使用するデータは次の画像のデータです

上の画像のB列にある「株価」を使用して、計算を行います

各行にて、前行との株価の差額を計算します

連番の追加

今回の解説は、前述の使用データをエディタにて開くところから始めます

まず、「列の追加」タブから「インデックス列」のメニューをクリックし「連番」を追加します

インデックス列は「0」から始まるように指定します

1ではなく0にて開始する理由は、M言語は「0ベース」だからです

この追加した「インデックス列/連番」を「レコードの参照」に応用します

以降は有料ページ/課金サービスへ